男性

マンション売却のタイミングを知ろう|地価公表価格がカギを握る

ローンの返済が困難な時

硬貨

住宅ローンを滞納してしまうと、やがて競売にかけられて住宅は処分されます。それを防ぐために利用できるのが、任意売却を専門に手掛ける業者です。ローンが残った後の返済計画を立てたり、あるいは新生活のための生活費を確保してくれるなど便利な存在と言えます。

詳しく読む

抵当権付き物件を売る

お金

抵当権付き不動産をそのまま売りに出したとしても、買い手がつかない可能性が高いです。また、たとえ購入希望者が現れたとしても、値切り倒されてしまうのがオチです。抵当権付き不動産を市場相場に近い価格で売りたいのなら、任意売却の専門業者を利用するのが望ましいです。

詳しく読む

マンションと土地の価格

アパート

価格が変わる理由

マンション売却において損をしないためにはマンション、そして土地の価格を知る必要があります。マンションは建物自体の価値、そして部屋の価値が重要となります。古い建物よりも新しい建物の方が買い手は付きやすいです。ただしリフォーム、リノベーションなどで改築を行うことで注目されるということはあります。土地価格もマンション売却においては重要なポイントです。しかも土地は価格が変動しやすい事も多いため、売却のタイミング次第で損をすることもあれば得をすることもあります。景気、その地域の発展具合に左右されるものなので情報収集力で得をしている人も多いです。とはいえ大半は不動産業者を頼ってマンション売却を検討するものです。

査定で相場を知る

マンション売却時に欠かせないのが査定です。査定はマンションの価格を知る手段であり、相場を知るためにも必要です。また過去の地価公示価格、路線価などを調べて土地の価格を予測するといったことも可能な場合があります。価格の目安として地価公示価格、路線価などを利用するといった人は少なくありませんし、個人でも簡単に調べられる情報です。相場は売却時の基準的な値となる要素なので、実際に売却したかった価格との間に違いがあった際には再検討した方が良いでしょう。不動産業者へ相談すれば、そういった時の対応についても訊くことができます。そういう意味では、頼りになる不動産業者を見つけられるかどうかも重要なポイントになります。

不動産の売却法

相談

任意売却はローンが残ったまま不動産を売却することで、煩雑な手続きと貸し手との交渉が必要です。そのため、専門の相談所が多くあり、相談所を利用する際には任意売却の実績や口コミを予め調べ、初回の相談が無料かどうかに注目しましょう。

詳しく読む