レディー

マンション売却のタイミングを知ろう|地価公表価格がカギを握る

ローンの返済が困難な時

硬貨

住宅ローンを滞納すると、金融機関から督促状が届きます。その後住宅ローンは保証会社によって弁済され、その残額を全て一括で支払うようにとの通知が来ることになります。それを放置しておくと、やがて住宅は差し押さえられ競売にかけられて処分されます。そして払いきれないローンが借金として残ることになります。そのような事態を避けるために、滞納した時には任意売却をすることが必要です。これは住宅の買い手を探して売却することで、少しでも多くの住宅ローンを支払うというものです。けれどもその後にローンの残債が残ることを嫌がる金融機関の合意を得ることができないケースがあります。そこで利用したいのが任意売却の専門業者です。金融機関との交渉を代わりに行ってくれるので助かります。

住宅ローンの滞納においては、早く住宅を処分することが必要となります。時間が経つごとにローン残債の金利負担が増えるからです。そこで人気を集めるのが、任意売却に長けた業者です。滞納した金融機関との交渉や売却活動を行ってくれるからです。極力周辺相場と変わらない金額での売却活動を行うと共に、短期間での売却を目指してくれます。さらに滞納した住宅ローンが売却後も残る場合、その分割払いの提案も債権者に対して行ってくれます。また新しく生活を再建させるために必要な引越し費用なども確保してくれるので便利です。単に住宅を買収して終わりではなく、その後の生活のことについてもきちんとフォローしてくれるので、多くの支持を集めているわけです。