レディー

マンション売却のタイミングを知ろう|地価公表価格がカギを握る

抵当権付き物件を売る

お金

専門業者が存在します

住宅ローンを利用して家を買う人がたくさんいます。都心のタワーマンションはITビジネスで成功をおさめた青年実業家などが主な購買層になっているため、住宅ローンが利用されるケースはあまり多くありません。しかし、普通のサラリーマンがマイホームを購入する場合は、住宅ローンを組むのが当たり前のようになっています。住宅ローンを利用すると、家の購入資金を融資した金融機関が第一順位の抵当権を設定します。この抵当権は、住宅ローンを完済しない限り抹消されません。時折、住宅ローンの返済に行き詰って家の売却を考えるようになる人がいますが、その際に問題になってくるのが抵当権の存在です。抵当権の抹消が保証されていない物件は、普通に売りに出してもまず買い手がつきません。そのような物件を確実に売却したい場合は、任意売却の専門業者を利用するのが得策です。不動産業者の中には、任意売却物件ばかりを専門に取り扱っている業者がいます。そのような業者を利用すれば、抵当権付き不動産でも有利な条件で売却できるようになります。

業者を利用する利点とは

任意売却サービスを提供している不動産業者を利用すれば、売却代金で住宅ローン残債を完済できないような物件でも、市場相場に近い価格で売却できるようになります。なぜかというと、債権者に交渉して、残債があっても必ず抵当権を抹消するという約束を取り付けてくれるからです。先程も言ったように、住宅ローンが完済されない限り抵当権は抹消されないのが原則です。しかし、債権者の協力を得て抵当権が付かない形で不動産を売りに出すことが可能になるのです。抵当権が付いていない不動産であれば、普通に購入希望者が集まります。高値で売却できる可能性が出てくるため、任意売却サービスを利用する人が増えています。また、任意売却業者の中には、登記費用や引っ越し費用を債権者負担にしてしまうほどの高度な交渉テクニックを有している業者もいます。